高校と卓球と…こいつ

高校の時の話です。部活動で卓球を選択していました。
高校3年間を卓球部に尽くしてきました。中学の時からやっていたので、含めれば6年間やっておりました。地域の中では強い高校だったので、一生懸命練習し、1年の時には県大会まで行きました。(団体戦で…)しかし、2年の春のことです。いつも通り練習していると、こんな声が聞こえました。「今年は、卓球部に編入試験受けた子が入るって!」その時「あいつか?」と思いました。というのも、地域の高校卓球大会であった話なのですが、自分の高校よりも偏差値の高い高校の卓球部で、顧問の先生が思ったのと違うから辞めた子がいるというのを聞いていたのです。そして、その年の部活動編成の時、噂の子が入りました。年は同い歳で学年は一つ下という人なので、どう接すればいいか分かりませんでしたが、やはり、同い年なので友達として接することになりました。そして、何事もなく部活動を行い、大会のダブルスでも組むなど、仲良くなったかと思いきや、秋に入った頃に、急に部活に来なくなりました。そして、すれ違う度に舌打ちをされるようになりました。大会には参加し、県大会に個人で出場するなどの成績を残していましたが、部活動に来なくなった理由が分かりませんでした。そして、冬になりました。ある日、顧問の先生が「第二講義室に2年は集まれ」と言ったので、そこに行くと、部活動に来なくなった人がいました。かなり怒っている様子で座っていました。「ここで話し合いをします。」と顧問。
ここで、「こいつどうにかしろよ。」と思うことが起きました。
話し合いが始まるや否や、「なんで俺が来なくなったかわかる?」と、突然のタメ口。
取り敢えず「なぜ?」と聞くと、「なんで俺がこんなに部室でも泣いてたし、周りは気づいてくれないの?!」と激昂。気づかないのはそのはず、周りは体育館で必死に練習し、休憩でなければ部室に行く訳もない。
その事を伝えると、「特にお前!大会にしか出ないからって、なんで悪口言われなくちゃいけないの?!」と言われました。その時思いました。
「こいつどうにかしろよ…」その後、色々ありながら無事卒業し、中学から好きでやっていた卓球は、時々やる程度になりましたが、卓球をする度にこのことを思い出します。

「こいつどうにかしろよ…」

渋谷で前髪カットしてうさをはらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です